カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

なつめとは?

なつめって?/棗(なつめ)って知っていますか?
なつめの歴史●棗(なつめ)は南ヨーロッパおよぴアジア西南部の原産で、中国を経て日本に渡来しました。
古代中国では、桃、李、杏、、栗を五果と呼び、重要な果物としてきました。  
日本にも奈良時代には、すでに渡来していたらしく、万葉集の歌の中にその名が認められ、延喜式にも各地から献上された記録が残されています。

なつめの木は?

なつめの苗木

高さ50僉腺mくらいのなつめの木を植樹します。

なつめの木(2〜3年)

植樹から3年ほどで2〜3mに成長します。



なつめの花

なつめの花です。
7月頃小さくてかわいい花がびっしり枝に付きます。
花が咲けば受粉し、8月の終わりから9月にかけて実のります。

なつめの実です。画像のようにちょっと色づいてヒビ割れしたなつめが一番おいしいです!
なつめの果実

なつめの果実は糖などの栄養分を多く含み、ビタミンC含量も高いことから、中国の北方地域においては、なつめは栗とともに救荒食として栽培が重視されていました。

●漢方ではなつめの果実を蒸してから乾燥させたものを大棗(たいそう)と呼びます。 強壮、炎症緩和、利尿などの効能を有し、様々な漢方処方に高頻度で用いられています。
その他には不眠や神経の興奮をしずめたり、また、ビタミンや鉄分や葉 酸などが豊富なので美容や、妊娠中の方の栄養補助食品として一般ではよく利用されています。

●また、最近では、花粉症の根本治療にも役立つとの研究もあります。


なつめエキスは役立つ英雄が豊富な果実です。乾燥なつめの栄養はカリウム、鉄分、亜鉛、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、食物繊維が大変豊富な食品です。プルーン、ブルーベリーなどの約2倍です。